ヒアルロン酸とセラミドの生成を漢方薬で促す

hiaruron

これまで、いろいろな化粧品を使ってアトピーの患者さんのスキンケアに対処してきました。

シソエキスやオリーブオイル、無添加化粧品など、アトピーによいと思われるものはたいてい使いました。

しかしどれも満足がいきませんでした。これまでのスキンケアは、ほとんどのものが守り一辺倒です。

これ以上悪化しなければよしという考えが根本にあり、改善させようという前向きのコンセプトがなかったように感じていました。

ですから、使って悪くはないのですが、アトピーが本当によくなるという確信が持てませんでした。

私は、従来よりもう一歩進んだアトピーのスキンケアを考えています。

アトピーを少しでもよい方向にもっていけるようなスキンケアです。

それはアトピック・ドライスキンに不足しているヒアルロン酸とセラミドの生成を促す生薬を配合して、自分の肌の力でバリア機能を修復するスキンケアです。

皮膚には、自分でヒアルロン酸とセラミドを出そうという力があります。その力を、漢方薬で引き出してあげるのです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

化粧業界もヒアルロン酸とセラミドに注目

hiaruron

ヒアルロン酸とセラミドが注目されるようになったのは、比較的最近のことです。

まず、化粧品メーカーが注目しました。アトピーやアレルギーとは関係なく、バリア機能を強化することはスキンケアのベースです。そのバリア機能を担うものとして、ヒアルロン酸とセラミドが浮上したのです。

そして研究が進むにつれ、ヒアルロン酸とセラミドが非常に皮膚にとって重要な成分であることがわかってきたのでした。

皮膚の保湿は、美しい肌を保つためには不可欠のものです。水分が失われれば肌はカサカサして、小じわや肌荒れの原因になります。

また、バリア機能が低下すれば、雑菌などによる炎症を起こしやすくなります。ヒアルロン酸とセラミドが十分ある肌は、肌のみずみずしさを維持できるとともに、さまざまな肌のトラブルの予防にもなるのです。化粧品メーカーがこの2つに注目するのも、当然のことでしょう。

この化粧品メーカーの動きに引っ張られるように、皮膚科医のあいだでもヒアルロン酸とセラミドヘの関心が急速に高まっています。皮膚科学の分野では、これからこの2つの成分がますます注目され、研究も進むのではないでしょうか。

最近ではヒアルロン酸とセラミドを添加した化粧品を、よく目にします。

ヒアルロン酸とセラミドの不足によって起きるドライスキンには、外から補うのも効果的でしょう。しかし私は、補うのではなく、自分自身の皮膚でヒアルロン酸とセラミドをつくれるようなスキンケアを提唱したいと思います。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

見直したいスキンケアの大切さ

hiaruron

アトピー性皮膚炎の治療は、これまでアレルギーや炎症を抑える治療が主流でした。

また食物療法、アレルゲン減感作療法、免疫抑制療法なども行われ、私の目から見ると、アレルギーの改善に重点が置かれてきたような感があります。

しかしもっと基本に立ち返って、アトピーの治療を見直す必要があるのではないでしょうか。

アトピーの肌を見ると、明らかにバリア機能に障害が起きて、アレルゲンが侵入しやすくなっています。

これを改善するには、皮膚を強くしてバリア機能を復活させ、外からアレルゲンや外的刺激が入らないようにすることです。

そのためにまずしなければならないのは、不足したセラミドを回復させることです。

アレルギー体質の改善も必要ですが、バリア機能の喪失によってアトピーが起きているのですから、バリア機能の回復こそ最優先すべきです。

バリア機能を復活させるためには、適切なスキンケアでセラミドを生成させるしかありません。

これまでスキンケアはアトピーの治療とは見なされず、治療を補助するものにすぎませんでした。

しかし皮膚に原因が潜んでいるのですから、皮陶からのアプローチこそ欠かせません。むしろスキンケアがポイントになると、私は考えています。

アトピーの患者さんは、どういう肌の手入れをすればいいのか、みなさん大変迷っておられます。

女性の場合ですと、お化粧はしたいけれど、お化粧によってアトピーが悪化するのではないかという悩みも多いですし、男女を問わず病院の薬以外に何をつけていいかわからないという相談もよく受けます。

もしスキンケアをしながらアトピーを治していけたら、これこそアトピーの患者さんの望む治療ではないでしょうか。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

ドライスキンではセラミドが生成されない

hiaruron

セラミドがどのようにつくられるのか見てみましょう。

皮膚は大きく三つの層で構成されており、いちばん上が表皮、真ん中が真皮、一番下が皮下組織です。

表皮のいちばん表面の角質層に存在するセラミドは、ほかの皮膚細胞と同じように表皮でつくられます。

表皮の構造は上から角質層・顆粒層・有棘層・基底層の順に四層(足の裏のような皮膚の厚いところは角質層の下に透明層があり、五層)をなしています。

ここには血管や神経は通っていません。

表皮細胞は、いちばん下の基底層でつくられます。基底層には、細胞をつくるための栄養や酸素が、真皮の血管から送られてきます。基底層でつくられた細胞は、分裂しながら角質層まで上がっていき、しばらく角質層にとどまったのち、垢となってはがれ落ちます。

細胞が基底層で生まれてから垢となってはがれ落ちるまで、健康な皮膚なら約28日かかります。そしてこの皮膚の再生を、ターンオーバーといいます。

セラミドはヒアルロン酸とともに、この皮膚細胞から押し出されるように分泌される物質です。皮膚細胞は、基底層から有棘層、顆粒層と上に上がっていくうちにだんだん扁平になっていきます。

その扁平になる過程で細胞から押し出され、細胞のまわりに層を作りながら、細胞と一緒に角質層に上がっていくのです。

ですから、細胞が正常なサイクルでターンオーバーをくり返していれば、セラミドもヒアルロン酸も細胞の再生とともに生成され、角質層で細胞問脂質をつくることができます。

ところがアトピーの肌を見ていると、このターンオーバーがきわめて早いのです。通常なら28日かかるのに、一週間とか10日くらいで角質層まで上がり、はがれ落ちてしまいます。

はがれ落ちた細胞を見ると、細胞の中心に核が残っており、成熟しないうちにはがれ落ちていることがわかります。

このように細胞がきちんと再生されていないと、セラミドやヒアルロン酸も分泌されません。そこで細胞間脂質も構成されず、ドライスキンになってしまうのです。

アトピー肌は、このように肌に二つの問題を抱えています。一つはターンオーバーが早すぎて正常な皮膚の再生ができないこと、もう一つは、そのためにセラミドの生成が行われず、バリア機能が形成されないことです。

ドライスキンにはワセリンや尿素がよく処方されます。しかしこういう構造的な問題を抱えている肌に、ワセリンや尿素をつけても、ドライスキンは改善されません。

皮脂膜が不足している肌なら、ワセリンが皮脂膜の代わりになるでしょう。尿素も、水分の補充にはなります。しかしどちらも、結合水を増やすことはできません。

セラミドやヒアルロン酸が不足していれば、いくらワセリンや尿素をつけても、水分はすぐに蒸発してしまいます。根本的な治療は、不足しているセラミドやヒアルロン酸を補うことなのです。

管理人

カギを握る「セラミド」という成分

hiaruron

ここまで読んできて、いかにバリア機能を守ることがアトピーにとって大切か、わかっていただけたのではないでしょうか。

ドライスキンになってバリア機能が低卜すれば、アレルゲンとの接触が増える。ささいな刺激にも敏感になる。そうした刺激が免疫細胞を活性化すると、アトピーの症状が起きてきます。

このバリア機能を低下させ、ドライスキンの原因になるのが、細胞間脂質の減少です。

細胞間脂質は、先ほども触れたように細胞と細胞を結合する接着剤のような物質ですが、それがどのようなものか、詳しく見てみましょう。

細胞間脂質はセラミドを中心に、コレステロールと遊離脂肪酸、ヒアルロン酸で成り立っています。細胞間脂質の約半分はセラミドが占めています。コレステロールも遊離脂肪酸も、脂質の仲間です。

セラミドと脂質(コレステロールと遊離脂肪酸)が交互に層をなし、その間に結合水が蓄えられています。この構造をラメラ構造といいます。

ラメラ構造は、セラミドと脂肪酸とヒアルロン酸が一定の割合で入っていないと、安定したものができないことが最新の研究によってわかっています。とくにセラミドの存在は重要で、このセラミドが遊離脂肪酸やヒアルロン酸をバランスのとれた比率で取り込むことで、しっかりしたラメラ構造が構築されるといわれています。

もしもセラミドが減少してラメラ構造がしっかり構築されないと、細胞間脂質が角質細胞を支えられなくなり、穴があいたり隙間だらけになってしまいます。保湿機能細胞間脂質が機能を全うするのは、セラミド次第なのです。

管理人