アトピー対策としての乳酸菌の正しい飲み方

hiaruron

乳酸菌の正しい飲み方は以下の通りです。

・乳児の場合

ミルクやぬるま湯に混ぜて飲ませます。ただし、乳酸菌は熱に弱いため、温度を40度C以下に冷ましてから混ぜてください。

母乳だけで育てている場合は、水で湿らせた指に乳酸菌をつけて、赤ちゃんになめさせましょう。乳酸菌は、基本的には生後2ヵ月以降の子どもに飲ませてください。ただし、医師の許可があれば誕生直後から飲ませてもかまいません。

・幼児~成人の場合

水といっしょに飲むか、40度C以下の食べ物や飲み物に混ぜて飲むといいでしょう。

乳児、幼児、成人ともに、用法を守ってください。おなかがゆるくなったら、ようすを見て量を加減してください。

前回のコラムでもご案内しましたが、ヒアルロン酸ジェルと乳酸菌を併用することは、アトピーを予防したり、改善したりするためにはとても理想的です。

子どものアトピーを引き起こす二大原因ともいえる、腸内環境の悪化、皮膚のバリア機能の低下を同時に改善することで、アトピーを確実に撃退できると考えています。

管理人

Comments are closed.