見直したいスキンケアの大切さ

hiaruron

アトピー性皮膚炎の治療は、これまでアレルギーや炎症を抑える治療が主流でした。

また食物療法、アレルゲン減感作療法、免疫抑制療法なども行われ、私の目から見ると、アレルギーの改善に重点が置かれてきたような感があります。

しかしもっと基本に立ち返って、アトピーの治療を見直す必要があるのではないでしょうか。

アトピーの肌を見ると、明らかにバリア機能に障害が起きて、アレルゲンが侵入しやすくなっています。

これを改善するには、皮膚を強くしてバリア機能を復活させ、外からアレルゲンや外的刺激が入らないようにすることです。

そのためにまずしなければならないのは、不足したセラミドを回復させることです。

アレルギー体質の改善も必要ですが、バリア機能の喪失によってアトピーが起きているのですから、バリア機能の回復こそ最優先すべきです。

バリア機能を復活させるためには、適切なスキンケアでセラミドを生成させるしかありません。

これまでスキンケアはアトピーの治療とは見なされず、治療を補助するものにすぎませんでした。

しかし皮膚に原因が潜んでいるのですから、皮陶からのアプローチこそ欠かせません。むしろスキンケアがポイントになると、私は考えています。

アトピーの患者さんは、どういう肌の手入れをすればいいのか、みなさん大変迷っておられます。

女性の場合ですと、お化粧はしたいけれど、お化粧によってアトピーが悪化するのではないかという悩みも多いですし、男女を問わず病院の薬以外に何をつけていいかわからないという相談もよく受けます。

もしスキンケアをしながらアトピーを治していけたら、これこそアトピーの患者さんの望む治療ではないでしょうか。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

Comments are closed.