肌の美しさには生活習慣や食生活などが関係

hiaruron

美しい肌といえば、みなさんが最初に思い描くのは赤ちゃんの肌ではないでしょうか。

弾力があり、みずみずしくてなめらか。そのうえきれいなピンク色をしています。

赤ちゃんの肌は、皮膚科学からいえば角質層が薄くてバリア機能がまだできあがっていない不完全な肌です。

しかし、「うつなはだけ」を満たしている、数少ない肌といえるでしょう。それだけ理想に近い肌です。

しかし、赤ちゃんのときのつるつる、すべすべした肌が、成長してからもずっと維持できるとは限りません。

肌の美しさには、生活習慣や食生活など、その後の過ごし方が大いに関係してくるからです。

アトピーの肌についても、それと同じことがいえます。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

Comments are closed.