皮膚の下で起きていること

hiaruron

アトピー性皮膚炎がなぜ起きるのか、実際のところは現代の医学でもまだ十分解明されていません。

しかし現象的に捉えると、こういうことになります。

皮膚にアレルギーを起こす物質(抗原)が接触すると、それを引き金にして皮膚のなかで「抗原抗体反応」が起こります。抗原抗体反応は免疫反応の一つで、外から入った抗原を抗体によって排除する仕組みのことです。これによってからだは、さまざまな病気から守られています。ところがこの抗原抗体反応が充進して抗体がつくられすぎると、アレルギーが起こります。

この仕組みをもう少し詳しく見てみましょう。

体内に異物(抗原)が侵入すると、皮膚のすぐ下にあるラングルハンス細胞や血中のマクロファージといった免疫細胞がそれをキャッチし、T細胞というリンパ球に異物が入ってきたことを知らせます。

するとT細胞はB細胞に連絡し、この異物に対抗する抗体をつくるように指令します。

その指令を受けて、B細胞は抗体をつくります。これが「免疫グロブリン(lg)」といわれるもので、A、D、E、G、Mの5種類があります。

このうち主にアレルギーに関与しているのはEで、これがアトピー性皮膚炎の発症原因になります。

免疫グロブリンEは、略して「lgE抗体」といいます。また抗原のなかでもアレルギーの原因となるものを「アレルゲン」といい、lgE抗体はアレルゲンに特異的につくられます。

lgE抗体は、基本的には体内に入ったすべての抗原に対してつくられます。しかし抗体は無制限につくられるのではなく、異物(抗体)を排除するのに必要な量だけつくった後は、サプレッサーT細胞というリンパ球がB細胞の働きを抑制し、抗体の産生を抑えてくれます。

ところがこの制御システムが働かなくなると、からだに害のないものにまで抗体がつくられ、アレルギーが起きるのです。

ダニやほこりといったアレルゲンは、本来からだに容易に侵入できないものです。ところがアトピー患者の体内では、そういうものに対しても抗体がつくられてしまいます。

アトピーの最初の症状は、かゆみです。このかゆみは、この異常につくられた抗体によって引き起こされます。

先ほどの話の続きをしますと、B細胞によってつくられたlgE抗体は肥満細胞(マスト細胞ともいう)というアレルギーに関係の深い細胞の表面に結合します。ここにアレルゲンが接触してlgE抗体と結びつくと、肥満細胞に変化が起こります。

ヒスタミンなどの化学伝達物質を大量に放出するのです。これがかゆみの受容体を刺激したり、血管を拡張させて充血を起こし、さまざまなアレルギー症状を引き起こします。

アレルギーの症状が皮膚やのど、鼻などの粘膜に起こるのは、肥満細胞が皮膚の下や粘膜などにたくさん存在しているからです。

管理人

Comments are closed.