化粧業界もヒアルロン酸とセラミドに注目

hiaruron

ヒアルロン酸とセラミドが注目されるようになったのは、比較的最近のことです。

まず、化粧品メーカーが注目しました。アトピーやアレルギーとは関係なく、バリア機能を強化することはスキンケアのベースです。そのバリア機能を担うものとして、ヒアルロン酸とセラミドが浮上したのです。

そして研究が進むにつれ、ヒアルロン酸とセラミドが非常に皮膚にとって重要な成分であることがわかってきたのでした。

皮膚の保湿は、美しい肌を保つためには不可欠のものです。水分が失われれば肌はカサカサして、小じわや肌荒れの原因になります。

また、バリア機能が低下すれば、雑菌などによる炎症を起こしやすくなります。ヒアルロン酸とセラミドが十分ある肌は、肌のみずみずしさを維持できるとともに、さまざまな肌のトラブルの予防にもなるのです。化粧品メーカーがこの2つに注目するのも、当然のことでしょう。

この化粧品メーカーの動きに引っ張られるように、皮膚科医のあいだでもヒアルロン酸とセラミドヘの関心が急速に高まっています。皮膚科学の分野では、これからこの2つの成分がますます注目され、研究も進むのではないでしょうか。

最近ではヒアルロン酸とセラミドを添加した化粧品を、よく目にします。

ヒアルロン酸とセラミドの不足によって起きるドライスキンには、外から補うのも効果的でしょう。しかし私は、補うのではなく、自分自身の皮膚でヒアルロン酸とセラミドをつくれるようなスキンケアを提唱したいと思います。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

Comments are closed.