二次感染が起こりやすい

hiaruron

アトピーの患者さんを見ていると、アレルゲンによるアレルギーだけでなく、二次的な掻き壊しによってアトピーを悪化させている例が少なくありません。

掻き壊せばよけいバリア機能が壊れて、アレルゲンの侵入を容易にします。

バリア障害を起こし、もともと萎縮している肌は、掻き壊しでいっそう刺激に弱くなります。その結果さらにかゆみが増長し、掻いてバリア機能をますます低下させていくという悪循環に陥ります。

この間も電車に乗っていたら、明らかにアトピーと思われる女性がひっきりなしに両腕を掻いていました。アトピーの患者さんはこのように無意識に体を掻いていることが多く、それが皮膚を傷つけて弱くしてしまいます。

また小さいお子さんはかゆみに耐えきれず、寝ているあいだに掻きむしって、朝起きると血と膿だらけになっていることがよくあります。

小さい子どもに「掻くな」といっても無理なことで、お母さんが掻かないように工夫してやらなければなりませんが、この掻き壊しでアトピーはさらに悪化してしまいます。

ヒアルロン酸による保湿で、この二次的な掻き壊しを防ぐだけでも、アトピーは改善していきます。

管理人

Comments are closed.