ステロイドが引き起こしている混乱

hiaruron

アトピーを悪化させる原因として、必ずやり玉にあがるのがステロイド外用薬です。

ステロイドは、副腎から分泌されるステロイドホルモンを人工的に合成した薬で、外用薬と内服薬があります。

アトピーではおもに外用薬が使われよすが、どんな治療をしても改善しないようなひどいアトピーになると、内服薬が使われることもあります。

ステロイド外用薬は、炎症を抑える薬です。強さは、Ⅰ群の「最も強い」からV群の「かなり弱い」まで五段階のランクがあり、年齢や炎症の強さ、部位に応じて使い分けられています。

通常は、子どもには大人よりワンランク弱い薬を使います。また、からだの部位によって皮膚が薬を吸収する力が違いますから、吸収度に応じた強さの薬を使います。たとえば顔や首のように吸収度の高いところには、腕や足につけるような強い薬は使いません。

アトピーの患者さんは、ほとんどの方が一度はステロイド外用薬を使ったことがあると思います。ステロイドの効き目は切れ味がよく、いままでどんな薬でもよくならなかったかゆみや炎症をピタリと抑え、肌もすぐにきれいになります。

ですから一度ステロイドを使うとやみつきになり、なかなか離れられなくなってしまいます。

アトピーの患者さんがステロイド依存症になりやすいのは、この切れ味のよさでとにかく症状を抑えられるからです。

管理人

Comments are closed.