カギを握る「セラミド」という成分

hiaruron

ここまで読んできて、いかにバリア機能を守ることがアトピーにとって大切か、わかっていただけたのではないでしょうか。

ドライスキンになってバリア機能が低卜すれば、アレルゲンとの接触が増える。ささいな刺激にも敏感になる。そうした刺激が免疫細胞を活性化すると、アトピーの症状が起きてきます。

このバリア機能を低下させ、ドライスキンの原因になるのが、細胞間脂質の減少です。

細胞間脂質は、先ほども触れたように細胞と細胞を結合する接着剤のような物質ですが、それがどのようなものか、詳しく見てみましょう。

細胞間脂質はセラミドを中心に、コレステロールと遊離脂肪酸、ヒアルロン酸で成り立っています。細胞間脂質の約半分はセラミドが占めています。コレステロールも遊離脂肪酸も、脂質の仲間です。

セラミドと脂質(コレステロールと遊離脂肪酸)が交互に層をなし、その間に結合水が蓄えられています。この構造をラメラ構造といいます。

ラメラ構造は、セラミドと脂肪酸とヒアルロン酸が一定の割合で入っていないと、安定したものができないことが最新の研究によってわかっています。とくにセラミドの存在は重要で、このセラミドが遊離脂肪酸やヒアルロン酸をバランスのとれた比率で取り込むことで、しっかりしたラメラ構造が構築されるといわれています。

もしもセラミドが減少してラメラ構造がしっかり構築されないと、細胞間脂質が角質細胞を支えられなくなり、穴があいたり隙間だらけになってしまいます。保湿機能細胞間脂質が機能を全うするのは、セラミド次第なのです。

管理人

Comments are closed.