アトピーの患者さんは、セラミドが足りない

hiaruron

アトピー性皮膚炎の患者さんは、例外なくドライスキンです。

ドライスキンとは文字どおり乾燥肌のことで、皮膚から皮脂や水分が著しく不足し、皮膚が薄くなっている状態です。

以前は、皮膚のバリア機能は、表皮の表面を覆っている皮脂膜が担っていると考えられていました。

ですから皮膚が弱くなったとき、医者は皮脂膜に近い成分のワセリンをぬったものでした。

ところが、最近は皮膚科学が発達し、皮膚について新しいことが次々にわかってきました。

単に皮脂膜だけではなく、「皮膚の構造」そのものがバリアとして働いていることがわかってきたのです。

皮脂膜の下には、角質層の細胞がレンガを積んだようにきれいに層をなしています。じつはここが、皮膚を守っているのです。

この角質層の細胞が隙間なくきっちり並んでいれば、外からアレルゲン(抗原)が入り込む余地がありません。

角質層の細胞を隙間なくきれいに並べるのは、「セラミド」という細胞間脂質です。これが接着剤のように細胞と細胞をつなぎ合わせ、ちょうどセメントでレンガを固定するように隙間を埋めているのです。

このセラミドが足りなくなると角質層が隙間だらけになり、アレルゲンはやすやすと皮膚の中に入り込んでしまいます。

それだけではありません。セラミドは天然の保湿剤といわれるように、皮膚に蓄えられた水分が外に逃げないように保持する役目もあるのです。

ですからセラミドが十分ある皮膚は、ふっくらとみずみずしく、しかもほこりやダニなどのアレルゲンを寄せつけないのです。

アトピー肌は、このセラミドが異常に少ないことがわかっています。医学界では、アトピー特有のドライスキンがセラミドの不足によって起きることは、すでに常識になっています。

セラミドの量とアトピー性皮膚炎には、密接な関係があるのです。

しかもドライスキンは皮脂の分泌が悪いため、表面を覆う皮脂膜も不足しています。これではますますバリア機能は低下し、異物が侵入してきます。

このように、異物が侵入すればするほど、それに対抗する抗体がたくさん作られて、炎症やかゆみがひどくなっていくのです。

こうした肌のバリア機能を回復させるのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸ジェルがアトピーに効くにはこうした理由があるからです。

管理人

Comments are closed.