ご挨拶

hiaruron

はじめまして。美容系薬剤師の管理人です。

こちらのサイトではヒアルロン酸ジェルの効能と、その美肌効果についてご紹介していきたいと思います。

ご愛顧いただければ幸いです。

管理人

[美容系サイト1] ファンデーションのランキング
[美容系サイト2] サプリメントのランキング

肌の美しさには生活習慣や食生活などが関係

hiaruron

美しい肌といえば、みなさんが最初に思い描くのは赤ちゃんの肌ではないでしょうか。

弾力があり、みずみずしくてなめらか。そのうえきれいなピンク色をしています。

赤ちゃんの肌は、皮膚科学からいえば角質層が薄くてバリア機能がまだできあがっていない不完全な肌です。

しかし、「うつなはだけ」を満たしている、数少ない肌といえるでしょう。それだけ理想に近い肌です。

しかし、赤ちゃんのときのつるつる、すべすべした肌が、成長してからもずっと維持できるとは限りません。

肌の美しさには、生活習慣や食生活など、その後の過ごし方が大いに関係してくるからです。

アトピーの肌についても、それと同じことがいえます。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

美しい肌の条件は「うつなはだけ」

hiaruron

アトピーのことに触れる前に、美しい肌について漢方がどのように考えているのか、簡単に説明しておきましょう。

最近の日本では、年輩の女性はもちろんのこと、若い女性までこぞって「美白」を求めています。しかし漢方では、色が白いだけでは美しい肌とはいいません。

色の白さよりも、肌の質が重視されます。

質のよい肌とはどのようなものでしょうか。私たちは、次の六つの条件を満たした肌だと考えています。その条件を挙げていきましょう。

1.潤いのある肌です。潤いは、角質層に含まれる水分の量や皮脂膜、ヒアルロン酸などに左右されます。

2.つやのある肌です。つやのある肌は、中国ではきれいな布地にたとえられることもあります。

3.なめらかな肌のことです。肌のなめらかさは、きめの細かさで決まります。

4.はりのある肌です。はりは、皮膚を支えている筋力や皮下組織の強さによります。これらが重力に負けずに皮膚を保持できれば、はりが保てます。

5.弾力のある肌です。皮膚の柔らかき、弾力性は、真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった腰原繊維(弾力繊維)の状態で決まります。これらが変性したり減少すると、シ
ワやたるみができやすくなります。

6.血色のよい肌です。ただ白いのではなく、白さの中にピンク色のある血色のよい肌が、漢方では尊重されます。血色に影響するのは、真皮を流れる毛細血管の血流です。

どれも、「なるほど」と思わせるものばかりでしょう。このどれが欠けても、美しい肌とはいえません。この六つの条件の最初の文字をとって、「うつなはだけ」といっています。

このうち最初の三つ(潤い、つや、なめらかさ)は、だれが見てもわかる外面的な肌の美しさです。

しかし次の三つ(はり、弾力、血色)は単に外見だけではなく、からだの内部を反映する美しさです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

ヒアルロン酸とセラミドの生成をうながす薬草

hiaruron

幸い漢方生薬のなかに、ヒアルロン酸とセラミドの生成をうながす薬草が数種類あります。

これは経験でもわかっていたことですが、富山医科歯科大学の研究でもそれが実証されました。

甘草、苦参、当帰、ヨクイニンなどに、細胞間脂質の原料となるセラミドとヒアルロン酸の生成を充進する働きがあるのです。

こういう考え方をスキンケアに導入するのは、おそらく漢方を長年勉強してきたからでしょう。

漢方には、自然治癒力を高めて病気を治そうという考え方が基本にあります。

不足しているものを外から補うのでは、生体が持っている機能が使われなくなり、だんだん衰退していきます。

人間はもともと、足りないものを自分で補う機能を持っているのですから、それを最大限引き出してあげるのです。

アトピックスキン用に開発した漢方生薬には、先ほど紹介した生薬が豊富に含まれています。

これまで述べてきたように、アトピーの原因はセラミドとヒアルロン酸の減少によるバリア機能の低下です。

そのセラミドとヒアルロン酸を自分の力で生成し、肌の機能を取り戻すこのスキンケアは、アトピーの根本治療にいちばん近いところに位置していると考えています。

これからはこうした、セラミド・ヒアルロン酸を生成する治療が主流になるのではないでしょうか。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

ヒアルロン酸とセラミドの生成を漢方薬で促す

hiaruron

これまで、いろいろな化粧品を使ってアトピーの患者さんのスキンケアに対処してきました。

シソエキスやオリーブオイル、無添加化粧品など、アトピーによいと思われるものはたいてい使いました。

しかしどれも満足がいきませんでした。これまでのスキンケアは、ほとんどのものが守り一辺倒です。

これ以上悪化しなければよしという考えが根本にあり、改善させようという前向きのコンセプトがなかったように感じていました。

ですから、使って悪くはないのですが、アトピーが本当によくなるという確信が持てませんでした。

私は、従来よりもう一歩進んだアトピーのスキンケアを考えています。

アトピーを少しでもよい方向にもっていけるようなスキンケアです。

それはアトピック・ドライスキンに不足しているヒアルロン酸とセラミドの生成を促す生薬を配合して、自分の肌の力でバリア機能を修復するスキンケアです。

皮膚には、自分でヒアルロン酸とセラミドを出そうという力があります。その力を、漢方薬で引き出してあげるのです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら

化粧業界もヒアルロン酸とセラミドに注目

hiaruron

ヒアルロン酸とセラミドが注目されるようになったのは、比較的最近のことです。

まず、化粧品メーカーが注目しました。アトピーやアレルギーとは関係なく、バリア機能を強化することはスキンケアのベースです。そのバリア機能を担うものとして、ヒアルロン酸とセラミドが浮上したのです。

そして研究が進むにつれ、ヒアルロン酸とセラミドが非常に皮膚にとって重要な成分であることがわかってきたのでした。

皮膚の保湿は、美しい肌を保つためには不可欠のものです。水分が失われれば肌はカサカサして、小じわや肌荒れの原因になります。

また、バリア機能が低下すれば、雑菌などによる炎症を起こしやすくなります。ヒアルロン酸とセラミドが十分ある肌は、肌のみずみずしさを維持できるとともに、さまざまな肌のトラブルの予防にもなるのです。化粧品メーカーがこの2つに注目するのも、当然のことでしょう。

この化粧品メーカーの動きに引っ張られるように、皮膚科医のあいだでもヒアルロン酸とセラミドヘの関心が急速に高まっています。皮膚科学の分野では、これからこの2つの成分がますます注目され、研究も進むのではないでしょうか。

最近ではヒアルロン酸とセラミドを添加した化粧品を、よく目にします。

ヒアルロン酸とセラミドの不足によって起きるドライスキンには、外から補うのも効果的でしょう。しかし私は、補うのではなく、自分自身の皮膚でヒアルロン酸とセラミドをつくれるようなスキンケアを提唱したいと思います。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jpはこちら